<< 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦 | main | 「氷菓」米澤穂信 >>
「キサラギ」

面白かったー。声出して笑っちゃった。
サスペンスタッチのコメディ。サスコメ??

ドランク塚地はあのままトイレでラストを迎えちゃうの!?
あんまりだなーと思ってたら、そういうことだったのねー。
どーでもいい事だけど、、、
塚地の妙な笑顔で「えぇーっ!?」っていうリアクションは結構好き。

次から次へと出てくる推理の連鎖が面白い。
幼なじみのヤックンにはピンと来たけど、さすがにお父さんまでは分からなかった。
だいいち、いくら父親でもあれは変質者の域だろ。

で、ラスト。あれなんですか? 針金? 宍戸錠?
つまり続編ありってことなの? 期待していいのー?

| 映画(か行) | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0)









トラックバック機能は終了しました。