(Audible)「橋を渡る」吉田修一
朗読 大森ゆき

「犯罪小説集」に続いて、また吉田修一さんの作品を聞いてみた。

春・夏・秋・冬と、4つの章の話。
前の章に出てきた人物が次の章でちょこっと出てきたりと、少しずつ繋がっている。
春〜秋はいつもの吉田修一さんの小説。
2014年頃に話題になった時事ネタを取り入れたて、登場人物は普通に暮らす人々。
さて冬は全員が繋がるのかな?と思っていたら、なんと、らしくないSFチックな話。
70年後の近未来的な日本が舞台。
これは意外でした。

春の章で、玄関先になぜか置かれた米と酒の銘柄が「響」と「凜」。
冬の章で出てくるサイン(新人類?)の名前が同じだと気付いた時は、ちょっとドキっとしました。
置いて行った人物が誰なのかは結局解決してないけど、意味があって置かれたんだなと。

謙一郎が希望の時間に戻れなくて、あーダメなのかぁと少し残念な気持ちになったけど、それは謙一郎に「自分は正しい」って気持ちがあったからなんだろうね。
でも現在にサインの2人がタイムスリップしたことにより、未来は変わるのかもしれない。
これ、「橋を渡る」じゃなくて「橋を渡れ」ってことなんですよね。
| や行(その他) | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0)
「ザ・ウォッチャー」
「殺すために覗く」 キアヌ・リーヴスが連続殺人鬼に扮したストーキング・スリラー。
キアヌ初の悪役ってことで話題だった。

ワタシの目当てはキアヌではなくて、ジェームズ・スペイダー。
「パッド・インフルエンス」で見た時に、なんかサスペンス向きな顔だなぁーと。
あの目を向いた表情を見てると、心臓がバクバクして怖いんだけど、なんかあの顔はクセになる。

で、この映画でもそういう表情をしてるっぽいので観てみた。

キアヌ演じる連続殺人鬼は、寂しがり屋なのか、スペイダー演じる刑事に恋してるのか、ライバル視してるのか。
キアヌにかまってほしくて?快楽殺人を繰り返す。

ラストがあっけない感じ。
もちろん人間だから、炎に包まれたら死んじゃうけどさ、なんかそれでも死なないみたいな、川の中でもしがみついてくるくらいの不気味さがほしかった。
ちょっとあっけなかったな。

精神科医ポリー役の女性が、なんとも男好きのする顔よね。
かわいいけど、同性からは好かれないかも?
| 映画(さ行) | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)
(Audible)「犯罪小説集」吉田修一
朗読 四宮豪

5つの短編。
どの作品も、実際にあった事件が題材だなと思えるもの。
ノンフィクションではないだろうけど、
あぁ、こんな感じの背景があったんだろうなと思わせる。
誰の身にも起きそうな、人生のちょっとした踏み外しが積み重なって事件へと繋がっていく。
読後感は悪くないけど、いい感じはしないかな。

「曼珠姫午睡」は他とちょっと毛色が違う。
けど、これがなんだか面白かった。
容疑者ではなく、その同級生の話。
不満はないけど満たされてない日常に飛び込んできた同級生の逮捕。
容疑者のそれまでの人生が書かれている週刊誌の記事を読んで、
容疑者が働いていた地方のスナックを見に行く。何をする訳でもないのに。
どうして?と思いつつ、なんとなく分かるような気もする。
この作品が一番印象に残った。

どの作品もはっきりとした終わりはない。
終わり方が中途半端というよりは、余韻を残して、
あとはそれぞれが想像を膨らませてほしいってことなんだろうな。
そういえば吉田修一さんの作品はこんな感じだったなーって思い出した。

ただこういう終わり方のせいか、Audibleでは区切りがわかりにくかった。
タイトルが独特だから、「ん? 今なんて言った?」
「あれ?話替わってる?」と戸惑ってしまうことがあったのがちょっと残念。
| や行(その他) | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)
(Audible)「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」加藤実秋
朗読 大塚さと

インディゴの夜シリーズの加藤実秋さんの作品だし、
少し前までドラマもやっていて、おもしろそうと思ったので聴いてみた。

ドラマは見ていないけど配役は知っていたので、しっかりそのイメージになってしまった。
朗読している人は違うのに、ひよりなんて完全に高畑充希の声に脳内変換されてた。
不思議な現象。

ドラマには出てこないみたいだけど、ひよりの飲み友だち(?)のナナちゃんがお気に入りキャラ。
酔うといろんな方言が飛び出す女の子。
いまのところ、バーの草介さんをめぐるひよりのライバルって感じだけど
それだけじゃない感じがある。
続編楽しみだな。

続編はオーディブルになるかなぁ。
本で買っちゃうかも。
| か行(加藤実秋) | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
「ディスタービア」
「リセット不能の覗き見ゲーム」

面白そうだなーと録画したもの。
日常に潜んだサスペンス・スリラー。

自宅謹慎が始まるときに、「気が変になるから気をつけて」と
保護司に言われてるから、ケールが見たものが本当なのか、
それとも妄想なのか、見ているこちらも疑心暗鬼な感じ。
ケール本人は、自宅敷地から出ることができず確認できないのが、もどかしい。

そもそもあの程度の証拠で連続殺人犯だと確証を持つのはムリだと思うし、
サイコパスな隣人の家も、あんなに増改築できるかよって感じだし、
隣の女の子も、毎日覗かれてるのに「君はこういう性格で…」とか言われたくらいで
ケールの事を好きになってしまうとか、ないでしょ。

いろいろツッコミどころはあるけど、サスペンスとしてはなかなか楽しめました。
隣人に覗いていることがばれたあたりから、もうドキドキしちゃって。
ロニーが生きていて良かった。

ロニーの携帯の着信音も、なかなか効果的でおもしろかった。
2 Live CrewのMe So Horny。
緊張してる場面で、あえぎ声のような着信音が鳴ると、ちょっwwってなる。
| 映画(た行) | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0)
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「私を作った奴らに 私を止めることはできない」

特にあらすじも知らず録画したんだけど、
これが当たり!
この近未来の感じは、好き。

近未来でアジアが舞台って珍しいなーと思っていたら、
原作は「攻殻機動隊」なんですね。知らなかった。
ちなみに「攻殻機動隊」はタイトルしか知らないですが。

とにかく、スカーレット・ヨハンソンが美しい。
ジュリエット・ビノシュが出ててうれしかった。
桃井かおりがいい感じ。

自分は誰なのか、生きているのか死んでいるのか、人間なのか機械なのか、
分からず苦しんでいる姿は、やはり人間だと思った。

終盤、少佐は恋人についていくのかと思ったら、
正義を守るために任務を続けることを選んだのが印象的。
| 映画(か行) | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0)
(Audible)「罪の声」塩田武士
朗読 三好翼

3年くらい前のこのミスにランクインしてて、読んでみたいと思ってた作品。
読み応えというか聞き応えがありました。

グリコ森永事件を題材にした話なので、これがグリ森事件の真相なのかと
勘違いしちゃいそうだけど、フィクションだよね。
でも真相に近いのかな。

脅迫電話に使われた子どもの声、その子どもが今どうしているのか、
どんな大人になり、事件のことをどう思っているのか、
そんなこと考えもしなかった。

3人のこども、それぞれの人生が全く違うものになっていたのがなんとも。
自分が起こした事件ではないのに、逃げ続ける人生なんてあんまりだ。
「家族に時効はない」生島家の家族の境遇があまりにひどくて、
やり切れない気持ちで苦しかった。

朗読が良かった。
三好翼さんは知らなかったのだけど、声優さんだそう。
本当に一人で読んでるの?と疑ってしまうほど、登場人物それぞれの声が
使い分けられていて驚いた。

この作品はドラマか映画で見てみたいですね。
阿久津記者は妻夫木聡のイメージなんだけど、どうでしょう。
| さ行(その他) | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0)
「ロケットスカイ」加藤実秋
インディゴの夜シリーズ第6弾。

もしかして、これで終わりなのかな??
2部の若手ホストが活躍して世代交代とか言ってるし、
ジョン太がインディゴから卒業したり。
晶と塩谷さんのわだかまりも解けたみたいだし。

なんとなく今回はあまり勢いが感じられなかった。
塩谷さんが電子レンジ抱えて葬儀会場に来たところは笑えたけど、、、。

ま、そんなことより憂夜さんですよ(*^_^*)
ネオンカラーのダブルスーツ、エナメルの靴、
金ボタンのついた目が覚めるような赤のスーツ、
光沢の強い純白のマオカラースーツの襟と袖に派手な刺繍、
そんな服装で屋上のハープガーデンの手入れしてるって。
もういろいろとドキドキじゃん。

終わりなのかなぁ、もう憂夜さんに会えないと思うとさびしいよ。
| か行(加藤実秋) | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)
「明鳥」
「誰も頼りになりません。」

録画した覚えがないんだけど、なぜか録画されていた映画。

菅田将暉くんがアフロヘアの落ち目ホストやってます。
借金返済期限がどんどん迫って、菅田くんが落ち着かなくなっていくところが
うまいなぁ〜と感心。
正直、菅田くんは苦手なタイプなんだけど、俳優としてはうまいなぁって思う。

ラストのどんでん返し、吉岡里帆さんがきれいになって登場するけど、
パッとみただけじゃ、金の払えない田舎娘と同じなんてわからないと思う。
一目で分かるなんて、やっぱホストは違うのか、、、

お気に入りは、マジメホスト役の松下優也さん。
他では見たことなかったけど、NHK連続テレビ小説にも出ていたらしい。
要注目です。
| 映画(あ行) | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
「REDリターンズ」
「若造に世界が救えるか!!」

なんと言っても今回おもしろかったのは、殺し屋ハン(イ・ビョンホン)。
ホントに世界一の殺し屋なのかよ。
出てくるたびに「おれの飛行機はどこだ!」とか言ってるし。

サラの成長っぷりもスバラシイ。素質あったのね。
そして相変わらずヴィクトリア(ヘレン・ミレン)がかっこいい!
よい娯楽映画です。
| 映画(ら・わ行) | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0)